キャッシングの流れ

キャッシングを利用するためには、まずはキャッシング会社に口座開設の申し込みをする事が必要です。口座開設の申し込みは色々な方法で行えますが、インターネット上で申し込みの手続きを行うのが最も簡単で速いです。
申し込みをするときには運転免許証や健康保険証など、本人確認書類と呼ばれるものが必要となります。これを画像として送信すると郵送にかかる時間を省くことができます。最近では郵送よりもこの方法が普及してきています。そのほか、一定の金額以上の借入をしようと思った場合には、収入がどれくらいあるのかを証明する書類を提出することも必要となります。
このようにして申し込みをすれば、次は審査が始まりますから審査結果を待ちます。審査結果が通知されて、審査に通っていれば口座開設が完了します。そして、この段階で使うことができるようになるのが一般的です。
ここからのキャッシングの利用の仕方はいくつかの分かれます。カードを発行する場合には、まずカードを受け取ることが必要となります。郵送でカードが届く場合には、それを待たなければなりません。あるいは、自動契約機まで行ってカードを受け取るという方法もあります。カードを受け取れば、ATMで実際にキャッシングを利用する事ができます。
カードを発行しない場合には、銀行振り込みが基本となります。インターネット上で手続きをすれば指定した銀行口座に現金が 振り込まれます。そして銀行口座から引き出すことで現金を手に入れることができます。