消費者金融系キャッシング

キャッシングにも種類がありますが、消費者金融が一番融資を受けやすいです。
消費者金融の場合は、普通に働いている年齢であり、アルバイトやパートであっても職についてさえいれば、ほとんどの人が申し込み可能です。

 

特徴としては、申込方法や返済方法が様々で、自分に合ったものを選べることと、比較的利用の敷居が低い事です。
キャッシングの中でも、店頭やカードでの入金の他に、電話やインターネット、そして無人契約機等、様々な方法でキャッシングできるのは消費者金融のメリットです。
そして、審査についても条件が緩く、今までキャッシングで返済事故を起こしたことがないのであれば比較的簡単に融資を受けることができます。

 

その代り、金利については高めに設定されています。
今の貸金業法で定められている金利の上限は、定額のキャッシングであれば20%が上限です。
その中で、上限ぎりぎりとはいきませんが、消費者金融の金利は18%で設定されていることが多いです。
金利の高さは返済総額に直接関係してくるのでお得に利用できるとは言い難いです。

 

しかし金利は、短期間の少額のキャッシングにおいてはそれ程支払総額に影響を与えません。
つまり、ちょっとお金に困った時の少額の借り入れの場合においては、金利の高さはそれ程問題になりません。
むしろ、気軽に利用できることや、審査が通りやすい事の方が重要になります。
そこを考えると、少額のキャッシングについては消費者金融が便利なのは確かです。