銀行系キャッシング

消費者金融は貸金業法改正でグレーゾーン金利が廃止されたのと、過払い請求による返還によって、その勢いを失いつつあります。
そんな中で今増えてきているのが銀行系のキャッシングです。
銀行系カードローンという言葉を耳にする機会は多くなりました。
消費者金融のキャッシングも、銀行系カードローンによるキャッシングも同じお金を借りる事には変わりがないので、かえって両者の違いが分かりずらい面があります。
銀行系の特徴は、総量規制の対象外であることと、金利が低い事です。
金利については、消費者金融よりも低めに設定されているため、お得に利用することができます。

 

総量規制とはキャッシングについての規制です。
具体例を挙げると、借り入れ総額が年収の1/3を超える金額の借り入れは禁止されているのですが、これも総量規制によって定められている規制です。
他にも、借り入れ総額が100万円を超える金額の場合には、収入を証明する書類が必要であるなど、様々な規制があります。
消費者金融が勢いを失った原因の一つは、こういった規制の為に、顧客に対して貸し付けを行えないケースが増えたことです。
しかし、総量規制は消費者金融に対しては規制をかけますが、銀行業務に対しては規制の対象外となります。
なので、これらの規制は、銀行系カードローンについては適用外となるので、会社の判断で自由に貸し付けを行うことができます。
利用者としても、消費者金融では総量規制で借り入れができなかった場合の対策としてこれらのカードローンを利用することができます。