気になるグレーゾーン金利とは?

グレーゾーン金利とは、過去に存在した金利の上限の違いを指します。
キャッシングは融資の一種ですが、融資をするためには金融に関する法律を守らなければなりません。
その法律はいくつかあるのですが、キャッシングの金利を定めたものとして利息制限法と出資法という法律があります。

 

利息制限法では、金融機関が融資を行う際の金利の上限を、10万円未満なら20%、10万円以上100万円未満なら18%、100万円以上なら15%と定めていて、これより高い金利で貸し付けることはできません。
出資法はというと、現在は改正されて上限が異なっているのですが、過去には29.2%と定められていました。
ですから、利息制限法と出資法とで上限金利が異なっていたのです。

 

キャッシング会社は出資法の上限金利は超えないように融資を行っていました。
なぜなら、利息制限法には罰則規定がなく、出資法には罰則規定があったからです。
この、利息制限法と出資法との間の金利をグレーゾーン金利と呼びます。
なぜグレーゾーン金利でキャッシング会社は貸し付けを行っていたのかというと、少しでも高い金利で融資をして利益を得たいと考えたからでしょう。
そのため、過去には20%を超えるような金利で融資が普通に行われていたのです。

 

現在では、キャッシング会社は利息制限法で定められた上限を採用していますから、グレーゾーン金利での貸し付けは行っていません。
もしも利息制限法の上限を超える金利で利息を支払っているのなら、それは違法ですから消費者センターなどに相談をしましょう。