ATM時間外手数料が安く済む方法

仕事仲間や友人とのお付き合いで、夜間の時間帯や土日に食事や遊びを楽しむ方は多いのではないでしょうか。2軒目、3軒目とはしごを重ねるうちに手持ちのお金が足りなくなると、時間外手数料を取られることは分かっていても銀行やコンビニのATMでお金を下ろす必要が生じることもまたよくあることです。
時間外手数料を支払う回数が増えると、それだけでも馬鹿にできない程度の出費になります。自分の口座からお金を下ろすだけなのにもったいないと感じる方には、キャッシングを利用した節約方法がおすすめです。

 

キャッシングはもちろんお金を借りる行為であるため、節約と結びつけて考えにくいものだと言えます。しかし、大抵のキャッシングは利息が日割り計算になっており、数日で返済してしまえば利息も非常にわずかな金額しかかからないことになるのです。
キャッシングの利息分がATMの時間外手数料より安く済むようにするには、夜間に利用した場合にはその翌日に、土日に利用した場合には休み明けに返済することがコツとなります。このような短期間の借り入れであれば、金利が多少高いプランでも利息の負担をあまり心配する必要はありません。
まずは自分がいつも利用している銀行の手数料とキャッシングにかかる利息とを比較し、どの程度で返済を完了すればお得になるのかという点を把握してみましょう。具体的な差が頭に入っていれば、いざという時にお得な方を選んで活用できるはずです。