即日融資対応!頼れるキャッシングはここ

当サイトおすすめ画像

モビット

お金借りたい

急な入用でお金を借りたいと思っても、キャッシングが初めての場合はどのような手続きをしたら良いのかと不安な気持ちになるものです。
なので、今回は初めてのキャッシングに役立つ情報をご紹介したいと思います。

 

まずキャッシングをするには身分証明書が必ず必要になるので用意しておきましょう。
身分証明書とは、公的機関が発行する身分を証明できる以下の書類のことです。

 

運転免許証
パスポート
健康保険証

 

申し込むキャッシング会社によっては上記の他に

 

低金利ローン住基カード
低金利ローン住民票

 

などでも可能としているところもあります。

 

外国人の方は永住権が証明できる外国人登録証を提出してください。
この中で持っているのであれば運転免許証を積極的に提出しましょう。
運転免許証は顔写真付きで本人確認がしやすい身分証明書ですから、キャッシング会社側としては一番好ましい証明書です。

 

お金借りたい

もちろん運転免許証を持っていない方はその他の証明書でも大丈夫なので、用意できる証明書を提出しましょう。
身分証明書が用意できたら、申込書の記入に必要な情報を揃えておくと素早い融資につながります。
自宅の住所などはすぐに思い浮かぶと思いますが、勤務先情報はすぐに思い浮かばないという人は案外多いです。
申込書には勤務先の住所や電話番号など、勤務先に関する詳細な情報を記載しなくてはなりません。
すぐに思い浮かばないという人は、申し込む前に予め調べておくことをお勧めします。

 

審査時間は早いと10分〜15分程度で終わるものです。
何に一番時間がかかるのかというと、申込書の記入だったり、記入漏れや不備、身分証明書の未提出などの事務手続きです。
急な入用はいつ何時自分に降りかかるのか誰にも分かりません。
いつ必要になってもいいように、日頃から身分証明書や勤務先の情報など、自分に関わることは知っておくことが大切です。

〜 短期返済で賢くキャッシング!! 〜
キャッシングをすると利息が高いからと言われる事が多いのですが、短期返済すれば少額に抑えられます。
利息の高さと利便性を考えて、短期返済ができるのであれば積極的にキャッシングを使えばいいのです。
キャッシングで短期返済するには、ATMで返済する方法と振込による方法があります。
ATMで返済できれば一番手軽なのですが、信販会社によっては返済の際に手数料を徴収するケースもあります。
最近はネット銀行を中心にして1カ月に回数制限はあるものの、振込手数料が無料の銀行もありますのでそのような銀行に口座を開設しておけば、無料で返済することが可能です。
ここで、利息計算の注意点ですがATMで返済すれば返済した日に計算はストップしますが、振込の場合は資金が信販会社の口座に入金された日まで計算は続きます。
平日であれば問題ないのですが、金曜日の3時以降ですと銀行の振込作業が翌週になります。
つまり、3日間だけ余分に計算されてしまいます。
キャッシングした金額にもよりますが、年利15%で10万円借りると3日間の利息は123円になります。
利率が高いと意外に金額がかさむので注意が必要です。
また、信販会社によっては短期弁済の限度額を制限しているケースがあります。
毎月の返済額が決まっている場合、その返済額だけは留保されてしまい、次回の返済日に利息と一緒に返済して残高がゼロになります。
いずれにせよ、利率の高い信販会社のキャッシングは、1日でも早く返済して利息を少なくする事が上手な使い方のコツです。